美容鍼灸について

Salon de 美的ラボでは、東洋医学の考えでもある「健美(けんび)」をもとに内面から美しくをモットーに施術提案をしています。美を追求するためには内面から変えて行く必要があるという考えです。
Salon de 美的ラボのお客様は初めて美容鍼(鍼灸)を受けられるお客様が80%の割合を占めております。初めての方でも安心いただけるようカウンセリングや事前相談を行い、美容鍼(鍼灸)のみではなく内面から改善していける鍼灸サロンとして多くのお客様にご利用いただいております。

痛くない美容鍼(鍼灸)

美容鍼(鍼灸)とは、美容を目的とした鍼灸治療のことです。ただ単純に「顔に刺す鍼」と認識されている方も少なくはありません。
鍼灸治療はそもそもは東洋医学に基づいた治療方法であり、ツボを刺激することで顔のみならず、肩こりの解消やバスト、ヒップなども美しく整えることが出来ます。美容鍼灸は、肌表面のアプローチではなく、皮下組織や血管・筋肉にアプローチするため、全身への効果も期待できます。中には肩こりが解消された、バストが引き上がったなどのお声も多くいただいております。美容鍼(鍼灸)は顔に鍼を施すため、不安の声を多くいただきますが、世界保険機構(WHO)でもその安全性が認められており、ハリウッドセレブの間でも非常に人気の美容法です。

痛くない美容鍼(鍼灸)

美容鍼灸の効果

  • 驚きの即効性

    驚きの即効性

    美容鍼(鍼灸)は、普段お使いの化粧水やスキンケアなど皮膚の表面上からの浸透でのアプローチとは異なり、皮下組織・細胞や筋肉に直接アプローチを行うことが可能です。それにより、皮下組織が活性化しお肌の修復力が高まり血液循環 やリンパの流れが促進され即効性が期待できるのです。

    また、Salon de 美的ラボではパルス(微弱電流)も同時に行い、更に細胞にアプローチすることで60分の施術だけでも体感いただけるだけの即効性が期待できます。

  • 肌の自然治癒力の向上

    肌の自然治癒力の向上

    お肌のお悩みの原因は主に、太陽からの紫外線などの外的要因、日々の生活習慣、食事によるものです。シミ・シワ・たるみ・くすみなど様々な症状が挙げられます。
    肌のターンオーバーの改善のためには、真皮と皮下同時にアプローチが必要となります。

    美容鍼(鍼灸)は、真皮へ鍼で多少の傷を与えます。そのため肌の治癒力が向上し、更に皮下組織や筋肉にアプローチが同時に可能になるのです。

  • リフトアップ・小顔効果

    リフトアップ・小顔効果

    なぜ、美容鍼(鍼灸)を施すとリフトアップ・小顔につながるのでしょうか? 身体も同様、肩こりやむくみは血液の循環が悪いことによる筋肉の緊張により生 まれる症状です。 鍼で刺激を入れることで血液循環が良くなり、コリやむくみの解消に繋がります。

    顔には無数の毛細血管があり、循環が悪い部分があれば血液が滞り、筋肉の緊張 を起こします。血液循環を改善し筋肉のこりをなくすことでリフトアップ・小顔の効果を期待できるのです。

  • シワやたるみ、ほうれい線の改善

    シワやたるみ、
    ほうれい線の改善

    肌の修復にはコラーゲンやエラスチンが必要です。真皮層に達した鍼による小さな傷と刺激によりコラーゲンの産生量が増える作用をもたらします。 コラーゲンと聞けば馴染みのある方も多いのではないでしょうか?コラーゲンやエラスチンは肌の弾力に必要不可欠な要素です。

    そのコラーゲン・エラスチンを内部から産生させることによる自然治癒力により、シワやたるみ、ほうれい線などの原因になっている要素を改善することができ、即効性が生まれるのです。

  • 肌荒れ、ニキビにも効果的な美容鍼(鍼灸)

    肌荒れ、ニキビにも
    効果的な美容鍼(鍼灸)

    美容鍼(鍼灸)によって、真皮に傷をつけることでコラーゲン、エラスチンの産生が活発に行われるようになります。真皮だけでなく皮下組織にも働きかけ血行促進の改善にもつながり、乱れた肌のターンオーバーを整えることが出来ます。

    ターンオーバーを整えることにより、必要なコラーゲン・エラスチンが作用し肌荒れやニキビになりにくい肌へ導くことができるのです。

    また出来てしまったニキビに対してもアプローチが可能で、血流を集めニキビの修復を早めることが可能になります。

  • 美容鍼(鍼灸)の持続

    美容鍼(鍼灸)の持続

    お客様より多くのご質問をいただきますが、その中でも多くご質問をいただいているのが、どのくらい効果が持続するかです。

    美容鍼(鍼灸)は、個人差はありますが、約1~2週間ほど持続します。施術のみならず、お客様のライフスタイルによって効果の持続性は変わってきます。

    また、どのくらいの頻度で通えばいいかわからないというご質問もよくいただいておりますが、東洋医学は遺伝子や細胞と深く関係しています。遺伝子の生まれ変わりは約3ヶ月と言われており、1ヶ月に2回~4回を基準とし3ヶ月間施術を続けていただくことをおすすめしております。

東洋医学について

  • 東洋医学について

    鍼灸は、東洋医学に基づいた施術方法となります。西洋医学とは考え方の違いに差があります。
    東洋医学はお客様の自覚症状や症状に重点を起き、「病態」に着眼して施術を行います。美容鍼(鍼灸)も、肌の荒れやリフトアップ、 むくみ、くすみ、シワなどの症状によるものでその一種となります。
    東洋医学は「心身一如」という考えが根本にあり、早期の施術による予防や悪化を防ぐために生活の質を上げるための治療として用いられている医学です。

    東洋医学は、病気の原因には心の乱れが大きく関わっており、感情のバランスにより臓器に影響があるとされています。現代の病気ではストレス性の病気が非常に多いのが現状です。かつ再発を繰り返してしまう特徴があります。

    東洋医学は、我々のモットーでもある症状の改善のみだけではなく、お客様一人ひとりのパーソナルを診るという医学であり、心身ともに優しい施術方法となります。